99年式の黄色のエンジンを久々にかけた。
去年の夏に撃沈・流血して以来なので一年以上ぶり。
シリンダー内にオイルが溜まっていたのかキックする度にオイルベトベト。
(放置エンジンをいきなりキックしてはいけません)
そして太ももが攣りそうになった頃、猛烈な白煙とともにエンジン始動。
風向きが近所迷惑にならない方向だったのが幸い。
チビの仲良しの小一女子が走ってやって来て、「火事かと思った」
違うけど・・・だよね、遠くから見てたら俺もそう思う。
雨が降りそうだったけど、ちょっとだけ乗った。
やっぱり軽いしパンチがあって刺激的。
なんかいろいろダメなとこがあるけど、今度の蟹サミット忘年会ツーリングはこれで行こうかな?
狭いガレージでは何かと邪魔なので、乗る機会もないし手放そうと思ってたのに・・・
乗るとすぐ気が変わる。
とりあえずステッカー貼ってみたり。

またオーバーホールしようかな。