日本にもある小籠包の超有名店「鼎泰豊」の海老が乗っかったやつ(名前忘れた・・・)
これがやっぱりめちゃくちゃうまい。



正月休みは北海道の実家に帰っても暖かい家の中でただただ餅を食って太るだけなので、代わりに家族で2泊3日の台北旅行に行ってた。
ちびっこ連れなのでディープな台湾とかは置いといて、ベタな観光名所のみを攻めてみることに。

12年ほど前に初めて仕事で訪れた時もそうだったけど、台北って緊張感が日本の街中と大して変わらないい。そして言葉がわからなくてもいわゆる観光地にいる限りは、日本語でなんとかなるし、スマホとWi-Fiがあれば道に迷うこともないので、ぶらぶら歩きながら観光するにはなかなか楽しいところなんです。

正月も明けた4日の朝、眠い目を擦りながら朝イチの便で桃園空港に飛んで、MRTで台北市内へ。

泊まったのはamba台北中山 高級ではないけれどなかなか心地よいいわゆるオシャレなデザインホテルで満足度はかなり高め。備え付けの生姜の香りのオーガニック的なシャンプーが香りは良いけど泡立ちが悪かったこと以外は文句無し。


実はホテルにチェックインした後昼過ぎから気分が悪くて、チビとママがトイザらスでベイブレードを選んでる間、近くのスタバのテラスで寝てました。寝不足ですかね?香港や中国ならそんなとこで絶対寝ないけど台湾はなんか大丈夫な気が・・・


九份
スタバで寝たのでなんとか復活した(頭痛薬も飲んだけど)ので予約してあったバスツアーで千と千尋の神隠しは見たことはないけれど、一度行ってみたかった九份へ。バスで小一時間なのでその間寝ようとしたが、ガイドのスーさんの話が止まらず結局寝れず。

テラスでお茶を飲みながら撮った写真まだ明るいので人が少ない。
真ん中あたりに傘をさした人達がいる辺りから撮った写真が次の次の次の写真。

スーさん曰くとりあえず一番人気の阿妹茶酒館(アーメイチャージョウグァン)へ入きなさいというので言われた通りに行ってみる。
空席待ちでちょっだけ並んで通されテラス席は居心地が良すぎて一時間ほど居座ってしまった。


お茶とお茶菓子、チビはハチミツレモンジュースで粘る我々日本人観光客。

なんで粘ったかというと帰りのバスの集合時間まで3時間たっぷりあるのと、夕暮れ前だったので暗くなってからこの景色が見たかったからなのです。
お茶でお腹がいっぱいになるんじゃないかってくらいお茶をたらふく飲んで、いわゆる撮影スポットへ人混みを掻き分けて進んでみる。とにかく人が多くて大変。
でもなんかすごく良かったな。オレ台湾好きかもって思った。



なんというか行った人は解ると思うけど真ん中の通りです。ここがなかなかいい雰囲気でカッコいいバーなんかもあって一杯飲みたかったけど、体調悪いしそろそろ時間もなかったのでやめといた。

上の通りはこんな感じで沢山のお店と人で賑わっている。



台北101

次の日
台湾って朝が遅いというかお店が開くのが11時なんです。行きたいお店がある駅で降りてからそのことを知った。なのでブラブラ歩いた。結構遠かった〜。
しばらく歩いてまあだあー?の声が何度か聞こえた頃、目の前にドドーンと目的物が見えてきたので写真を撮る。

101階建て509.2m 10年ほど前までは世界一高いビルだったんだって。ってことは初めて台湾で見た時は世界一だったのね。てか高すぎてなんかバカっぽい(笑)

で今回は高速エレベーターにのってこれに登るのです。

高すぎてわけわかんない感じ。あべのハルカスなんかより全然高い。
でココに隣接するショッピングモールの中にある鼎泰豊に並んで一番上の写真の小籠包ですよ。
店の前は空席待ちでごった返していたが、綺麗なお店のお姉さんに運良く捕まり、相席でもいいかと日本語で聞かれOKすると30分くらいで店に入れた。でかい店。


夜市
初日に行く予定だったけど、疲れすぎて初日はパス。
2日目に改めて士林市場へ。

建物の中のお店はイマイチ。やっぱり通りの屋台の方が雰囲気あって好み。
前日のツアーのガイドのスーさんが夜市の屋台、特に人気のない店での食べ歩きは日本人はやめておいた方が良いとか、二週間前に台湾人の自分でさえ当ったのでホントやばいとか、パイナップルケーキは夜市で買っちゃダメ、賞味期限切れてるし高いからとか軽く営業妨害的チックなことを真剣に言うもんだから12年前と同じく勇気もないので結局なにも食べなかったけど、雰囲気を楽しむだけで十分かな。



名前は知らないが豚肉が乗ったご飯。まあまあ美味い! 
あっ、これは夜市ではなく百貨店に入っているタピオカミルクティーで有名な春水堂でいただきました。
ここの店員さんは英語は通じるけど日本語はあんまり通じなかったな。でもとても親切でした。

世界一美味いタピオカミルクティー 
日本でお目にかかれるやつとは違うのだよ・・・




龍山寺
台湾最大のパワースポット。学業、健康、恋愛 なんでも来いという懐の深いご利益があるという。
作法もなにも知らずに我々観光客を横目にガチで何かをお祈りしている人が沢山いるので、なんかすいません・・・って感じになります。





帰りの飛行機まで時間が割とあったので台北駅からちょっと足を伸ばして胡椒饅頭で有名な福州世祖胡椒餅(フーゾウシーズーフージャオビン)に行ってみる。
巷では美味いと評判だったので並んでゲットしたが。限個人的には551の豚まんの圧勝だと思う。
1個50元


そんな感じで割と天気の悪い中、台北の街をブラブラする3日間でしたが、期待していた以上に楽しかったしあっという間に帰りの時間。
日本から3時間と気軽に行ける距離だし航空運賃もLCCだと結構お手軽なのでまた行きたい。
なんならちょっとの間なら住んでみたい場所かもしれないくらい良い街です。