640アドベンチャーには標準装備でヘラーソケットがついてるんだけど、正直ヘラーソケットって日本じゃ全然使いものにならないのでココを普通のシガーソケットに変えちゃうってのが定番ですが、私の場合新車購入時にクソ高いヘラープラグの先っちょだけ買ったのでそれをシガーソケットに変換してさらにシガーソケットに挿すUSBプラグを使ってiPhoneに給電するというシステムで長年やってきました。
が、ヘラーソケットの樹脂の部分が割れたのですよ!ここに新しいヘラーをまた埋めるのはどうしても嫌だったし、変換とかめんどくさいことしないでいきなりUSBで良いではないか。だって10年間USBでしか使ってないもの。

という訳でこうなりました。

 思ってたよりでかい!

 孔開けはホットナイフ(ハンダコテの先端がクラフトナイフの刃になってる奴)で絶妙なジャストフィットちょいキツ目に地道に仕上げました。激安なので当然怪しげなメーカー製のこのUSBソケットはパネル取り付けできる某オートバイパーツメーカーの3000円以上もするやつと同じだと思って買ったけど、ハンドルマウント専用の別物でした。
なのでハンドルホルダーに取り付け用のステーもホットナイフで切り取ってボディーに孔を開けてタイラップで裏側から固定するという「防水大丈夫なのか方式」で付けてます。
ココに来ている配線はイグニッションキーと連動せず常時通電なのでカウルの中に仕込まれているマップホルダー用の電源から取れるようにハーネスも電工ペンチを駆使して作り、ちゃんとヒューズも噛ませまてます。
それとこの防水キャップは絶対ちぎれて失くなるのは明らかなので雨の日だけ使うことにして、カウルの中に仕込んである小物ポーチに入れておきます。
 一応相iPhoneの充電もできてそうなので、あとは耐久性かな?